Pullover richtig waschen UNIT Hamburg

ジャンパーには多くの誤解があるが、洗濯は短時間で簡単にできる。

ものぐさな読者のために:

  • ウール洗濯サイクルのスイッチを入れ、20度から30度に設定する。
  • スピンを使ってプログラムを実行する。
  • 物干し竿の上で平干しする。
  • 圧力をかけずに内側から短時間スチームをかける

関係者の方へ

ブランドに関係なく、コットン、ウール、カシミアに関係なく、すべてのジャンパーは洗濯機でウール・サイクルで洗うべきである。残念ながら、ウールの洗濯サイクルの表示はありません。どんな場合でも、ウール洗濯サイクルとデリケート洗濯サイクルを混同してはならない。

ジャンパーを "裏返し "にするのも "裏返し "にするのも同じ意味です。色の濃いものや特に繊細なものは、20度から最高30度で洗ってください。洗剤はどんな中性洗剤でもよく、できればエコロジーなものがよい。添加物は必要なく、ウール専用洗剤も必須ではありません。

柔軟剤は使わないでください。

ウールの洗濯サイクルは、軽く回転させながらでも、完全に回してください。完全な洗濯サイクルは、どんな手洗いよりも優しい。

ドラムからジャンパーを取り出し、引っ張りながら形を整える。勇気があれば、ウールプログラムで乾燥機にかける。しかし、その必要はなく、物干し竿の上に平らに置き、場合によっては下にタオルを敷いてください。

その後、圧力をかけずにジャンパーを内側から蒸すと、ウールは喜んでくれます。乾燥機で乾かせば、その手間が省けますが、ウール・プログラムのある最新の乾燥機に限ります。

最初に着る前から定期的に洗濯することで、ジャンパーは型崩れすることなくどんどん柔らかくなります。これは、洗濯によってウールが少し硬くなり、結び目ができるのを防いだり、遅くしたりするためです。

コメントを残す